保育の現場には欠かせない園長先生!求人応募前に必要な知識を持とう

仕事内容を確認して求人応募する~魅力が多い園長先生の仕事~

保育士や児童を見守る存在

園長という仕事は直接保育をする機会は少ないですが、保育士や児童を見守る存在です。保育士や児童にとっての母的な存在になりますし、保護者の方にとっても非常に強い味方となる存在になりますので、保育所において最も重要な存在です。

園長と理事長を比較してみよう

園長とは

園長は、保育園の現場レベルにおいての責任者となります。現場でのトラブル対応など経営側と現場の潤滑油的存在です。

理事長とは

理事長はその組織を代表する存在ですが、保育の現場ではなく事務を管掌する地位にある人なので経営のトップです。

保育の現場には欠かせない園長先生!求人応募前に必要な知識を持とう

先生と子供

園長先生の仕事内容を確認

園長先生になるため、求人を探している方は仕事内容も知っておきましょう。園長の仕事内容は、保育園の経営管理がもっとも重要な仕事です。保育園という子育ての場であっても経営状況が悪ければ成り立ちません。保育所などは補助金の申請などもよくあるので、そういったお金のこともトータルで管理します。また、園そのものの管理責任も持たなければなりません。衛生面や施設設備の状況など子供が安全に過ごせる環境を保つ必要があるのです。求人を出したり、面接採用なども園長の仕事の一つですし、園長の仕事は非常に多岐にわたります。

JOB

子供の成長に関われる

園長の仕事というのは子供の成長に関われる仕事です。保育所に通う期間というのは、子供の自我が目覚める時期でもありその時期の過ごし方で子供の性格や将来が変わってしまう可能性もあります。それだけ責任重大ではありますが、それだけやりがいがある仕事ということも言えるでしょう。預かっている子供たちは身の回りのことを自分でどんどんできるようになる自立の時期ですが、その分成長が早く成長するタイミングが気付きにくいのもこの時期です。それを見逃さずに親御さんに伝えるのも重要な役割です。

レディ

時には保育士をサポート

園長は園児や保護者の方だけを相手にする仕事ではありません。経営者でもあるので、時には保育士をサポートしなければなりません。保育士というのは離職率が高い職種というデータが有り、なかなか保育士を確保することが難しいのが現状です。その離職率を少しでも食い止めるためには園長が保育士をサポートする必要があります。職場でのサポートはもちろんですが、プライベートのことなども含めて臨機応変に対応してあげる必要も出てくるでしょう。

園長先生になった方の声

先生と子供

若さが武器になることも

私の住んでいる地元はかなり田舎にあります。でも、自分の出身でもあった幼稚園で働きたいと思い出ていた求人に応募してみました。すると、今その幼稚園は職員の数が足りておらず、若い職員さんがほぼいないという状況であったようです。そのためか、園長になることができて、今仕事にやりがいを感じる日々を送っています。

諦めずに探して良かった

保育士としてのキャリアをある程度積んだところで、管理職である園長として働けないかと思い求人に応募しました。園内の環境整備だけでなく保護者の方へ満足な対応が出来るかなどの不安もありましたが、忙しいながらも楽しく仕事をしています。倍率が高いとはいえ、諦めずに求人を探せば条件に合ったところは見つかります。求人の中には「保育士歴」を条件として問われる場合もありますので、これから園長を目指している人で、自分はまだ保育士としてのキャリアが少ないかも、という方はアピールできるだけの経験を積んでいった方がいいかもしれませんね。

広告募集中